2019年おすすめ映画『刀剣乱舞』

女性の購買力ってすごいですね。特に刀剣乱舞はなんだかんだで息が長いコンテンツ。舞台もありでドル箱。

『刀剣乱舞』 Tジョイ博多

アニメの実写映画はイメージが違い過ぎたりしてあまり良いイメージは無かったのですが、キャスト紹介やストーリに惹かれて見に行きました。
どのキャラクターもファンを裏切らない配役と演技、見事な殺陣などで良かったです。
大げさにするためにスタントやCG多様という取り方ではなく、キャストそれぞれの持ち味の出たアクションで、そのための衣装や着物さばきといった動きもとても良かったです。
ストーリー展開も凝り過ぎてなかったために、かえって個々の内面がうかがえる表情やセリフに注目することができて楽しめました。
何といっても三日月宗近の気品と芯の強さが素敵でした。

翔んで埼玉 ムービックスさいたま

自分は埼玉県民なので、折角だからと思って見に行きました。
正直言うと、埼玉県民にももちろんオススメだし、それ以外の出身地の方でもオススメです。
爽快なほど埼玉はディスられていましたが、見た後は何だかんだで埼玉っていいところだよなぁ、何もないけど。
と改めて感じるほどでした。
ちなみにですが主題歌は、佐賀県出身のはなわさんが歌っていますが、歌詞にも埼玉ディスりが入っており、これも中々秀逸で面白かったです。
映画の内容も、そして最後に流れる主題歌も埼玉県民なら、あるあるだなーと感じられます。他県の人でもその埼玉ディスり聞いたことあるわー(笑)って思うかも。
とにかく、ここ最近見たコメディ映画ではとっても面白かったです。

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

邦題はふたりの女王となっているものの、原題はMary Queen of Scotsであり、主にメアリーに焦点を当てた作品となっていたが、エリザベスにももう少し光を当ててふたりの女王の対比に力を入れればもっと面白い作品になるのではと感じました。史実に基づく作品ではありますが、ストーリー性は豊かで、強い女性ではあるが、時代や宿命に翻弄される人生を魅力的に描いていると思います。最近、英国の女王ものの映画が多くありますが、一人の女性に焦点をあてるものが多いため、差別化の意味でも「ふたり」を活かすともっと魅力的な映画になると思いました。

マスカレードホテル TOHOシネマズ新宿

元々原作は東野圭吾のマスカレードホテルという小説なのですが、私は原作を読んでから見ました。
という前提で書きますが、上映時間の都合上小説と違う箇所や場面というものは出てきます。それでも読んでいたイメージ通りの登場人物と雰囲気と内容で面白かったです。おそらくいつものキムタク演技なんでしょとか?出演者が豪華なだけでしょ?とかと思う方もたくさんいらっしゃるでしょうけど、ちゃんと東野圭吾のマスカレードホテルとして成立していました。一緒に観に行ったマスカレードホテルを読んでいない友人も面白かったと言っていたので原作知らない方はより一層違和感なく観れる映画だと思います。

そらのレストラン、そらシネマちとせ

邦画はあまり映画館まで観に行かないのですが、舞台となった瀬棚町に思い出があったのと主演が大泉洋だったので観に行きました。冒頭の主人公とヒロインの出会いがとても印象的でした。のんびりと穏やかに進むストーリーとのどかな風景と暮らしに癒されつつ、後半それぞれの心の葛藤に涙しました。人と人との繋がり、支え合い、人生の選択について考えさせられるとても良い映画でした。ストーリーはもちろん、題材となっているチーズや肉、野菜などの農作物も、農家さんの思いが感じられ、感謝の気持ちが湧いてきます。この部分は子供にも見せたい内容でした。見終わったあとはチーズが食べたくなります。心が温かくなる作品でした。

2019年おすすめ映画バンブルビー

トランスフォーマーシリーズも息が長く、日本のアニメでも海外で評判が高いというのは嬉しいものですね。

海外がガチると本当にすごいです。ただドラゴンボールはなんだったのだろうね。

バンブルビー南大沢

トランスフォーマーのリブート作品として非常に優れたエンタメ映画!
マイケルベイ監督のような派手な爆発は無く、こじんまりとしたスケールながら主人公とロボットの友情をしっかり描いている。
アクションシーンのカメラワークはとても見やすく、前作で悪酔いしていた人でも落ち着いて楽しめる作品。
キャラクター造形、見せ方も素晴らしく、ロボットバンブルビーは声が出せない設定だが表情豊かで見る人を飽きさせないどころか笑いの渦に飲み込ませてくれる。
愛くるしいキャラクターだが、戦闘能力は高く格好良さも兼ね備えている点が魅力的。
アクションも物語も楽しみたい人にオススメな映画!

『スパイダーマン:スパイダーバース』 @TOHOシネマズ東浦

Yahoo映画レビューの評価が高かったので妻と見に行きました。
スパイダーマンは映画で見る程度のファンでしたがアニメCG映画のポテンシャルを見せつけられました。

アメコミ風のカット割りや動き・演出に圧倒され映像作品として後世に残る作品だと自信をもって言えます。

今回は2Dでの鑑賞でしたが3Dはより圧倒的だと思われます。
ストーリーも少年の成長と単純明快で幅広い年齢層に受けるのではないでしょうか。
主人公マイルス・モラレスは従来のスパイダーマンと比べるとい見た目、趣味が黒人らしくそれが生きた演出もグッときました。

エンドロール後も映像があり続編を期待しております。

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(錦糸町オリナスTOHOシネマズ)

不朽の名作「シティハンター」待望の劇場版。
公開当初から非常に評判が良く「見たかったシティハンター、冴羽獠が居た」というレビューをきっかけに友人と観に行きました。
感想としては、最高!!!の一言。
メインキャストの面々の声もあの頃のまま、ギャグとシリアスのテンポ、アクションのキレも絶妙で夢中で観てしまいました。絵は少し現代風にアレンジしてあるものの、アクションシーンや作画の素晴らしさなどは現代の3D技術を駆使してパワーアップしており、非常に見応えのある作品に仕上がっています。
舞台となる新宿は2019年にアップデートされており、獠たちが現在の街並みで暴れまわる姿は感動と感慨深さがあります。
エンディングも1980年代のアニメを観ていたファンが喜ぶ仕掛けが盛り沢山。最初から最後まで最高の作品でした。

マスカレードホテル、イオンシネマ宇多津

映画の宣伝では、豪華なキャストの登場人物が多く、彼らがどのように関与し合ってクライマックスまで盛り上げていくのか気になっていました。実際映画を観ると、すぐに世界観に引き込まれ、次々に現れる独特なキャラクター達を楽しみながら、あっという間に時間が過ぎていきました。犯人は誰か、そこに繋がるふせんはどれか、わくわくとも感じる緊張感を抱きながら、映画を観ることができたと思います。最後までスリルがあり、いざ犯人が分かったときには、その演技に恐怖や悲しみ、哀れみなどの気持ちに共感してしまいました。犯罪の全体像やトリックだけでなく、犯人やその他の人々の背景、人間性なども興味深く鑑賞でき、久しぶりに観てよかったなと思った映画でした。

マスカレードホテル、大阪ステーションシティシネマ

やはりダブル主演の木村拓哉さんと長澤まさみさんの共演がまず見どころでした。木村拓哉さん演じる警察官がホテルに潜入捜査をし、そこで長澤まさみさん演じるホテルマンとの葛藤。しかし、お互い犯人を捕まえるために最後には協力しあい共有していくところがおもしろかったです。また、周りを固める役者さん達も豪華で誰を見て良いのか解らないぐらいです。過去に共演した懐かしいメンバーもいたりして、昔の映画やドラマなども一瞬思い出させられたりもしました。主演木村拓哉長澤まさみさん他凄い豪華キャストでおくる映画だと思いました。

2019年おすすめ映画 マスカレード・ホテル

俳優としての木村拓哉さんはSMAP解散してもなんだかんだでトップスターです。ゲームでも映画でもまだまだ順調そうですね。

マスカレード・ホテル  ミッドランドスクエア シネマ

キャストは、木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世と豪華なメンバーです。刑事として次々と現れる素性の知れない宿泊客たちの仮面を剥がそうとする木村拓哉と、ホテルマンとして利用客の仮面を守ろうとする長澤まさみは幾度となく衝突を繰り返しますが、共にプロとして価値観を理解し合うようになっていきます。いつしか二人の間に不思議な信頼関係が芽生えていきます。そんななか、都内で発生した3件の不可解な事件は急展開を迎え、警察とホテルは追い込まれていきます。犯人への手掛かりは一切不明のため、警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断してきます。

翔んで埼玉

バカバカしくて、とにかく笑えると友人に聞いたので、気分転換に鑑賞しました。前半戦はとにかく、埼玉ディスリの数々・・・。草加せんべいを踏めるかどうかで、埼玉県人かどうか見分ける踏み絵に、埼玉県人が具合悪くなったら、東京人がその辺の草でも食べておけば治る!と言ったり・・・。しかも本当に食べようとしていたり。声を出して笑いました。出演者もGACKTに京様に・・・とビジュアル系な方がずらり。その他の東京人も宝塚のようなメイクと衣装と話し方で、きらびやかで目に楽しめました。一番笑ったのは、埼玉VS千葉のシーンで、どちらの方が大物芸能人を輩出しているかというもの。YOSHIKIや高見沢さんなどのビジュアル系だと闘いに強い!のに、それ以外は弱いと言うのが笑えました。埼玉をディスっているようで、全体的には埼玉愛に溢れていた映画でした。

「翔んで埼玉」 109シネマズ名古屋

関東における覇権争いを繰り広げる大きなスケールの話だが、とてもくだらない内容になっており終始笑いっぱなしの2時間でした。
埼玉県という関東でもあまりパッとしないエリアをフィーチャーする事で、本作品のこだわりをとても感じました。
埼玉県民が東京や神奈川(横浜)といった都市部に抱いているであろう感情を前面に出しており、埼玉県民が見たら怒るのでは?という内容だが感動する場面もありとても面白い作品だと思いました。
本作品はギャグ要素がほとんどなので、何も考えずに映画を見たい~という方にはオススメの映画だといえます。

この道

北原白秋の伝記的な映画です。詩人であり、童謡や校歌の作詞を多く手がけた北原白秋ですが、どんな人物か詳しくは知りませんでした。国語の教科書で見た横顔と、音楽の教科書で見た名前はなんとなく覚えていましたが、教科書に載るほどの人物なんだからなんか凄い人なんだなと思っていました。
映画の白秋は、確かに凄い人でした。詩人としてのセンスがずば抜けていて、そのことは始まってすぐの表彰式のシーンで与謝野鉄幹がすべて説明してくれます。白秋の人格については困っている人を放って置けない優しさから、不倫騒動を起こしてしまったり、世間が戦争に染まっていく情勢でうまい立ち回りが出来ず取り残されてしまったり、子どもが大人の世界にそのまま存在しているような不思議な方でした。
その子どもっぽさにもどかしさを感じたり、見ていて辛くなる場面もあります。
「この道」も、実際に無い道を歌った詩です。誰のものでもないから、誰のものにでもなる道として白秋は歌詞を作りました。
横顔と名前しか知らない北原白秋の「この道」は、教科書を通していつの間にか誰もが通った「いつか来た道」になっていたんだな、と実感しました。私はとても好きな映画です。

バンブルビー・シネマサンシャイン平和島

昔放送していたアニメの頃から、トランスフォーマーが大好きで、特にバンブルビーが大好きなので、公開初日に見に行きました。
映画になっているトランスフォーマーより、以前の物語で初めてトランスフォーマーシリーズを見る方でも入りやすい映画だと思います。
主人公はバンブルビーですが、その他の仲間や敵なども出てくるので、アクション系の映画が好みの方には十分に満足できる映画だと思います。
バンブルビーのおっちょこちょいで笑える部分や仲間思いで泣ける部分など、あっという間の2時間です。
今度は4DXで見たいと思います!

2019年おすすめ映画ドラえもん のび太の月面探査記

この度のドラえもんの映画は当たりのようで評判も上々。大人から子供から楽しめるドラえもんは偉大ですね。

映画ドラえもん のび太の月面探査記

映画のドラえもんはだいたい毎年見に行きますが、今回もまたいい出来えでした。

序盤は結構ツッコミが追いつきませんでしたね。

「粘土で生命体作るの!?」とか「文明の発展がいくらなんでも早すぎじゃない!?」とか

今回のゲストで出てきたキャラのルカがまさか1000年以上も生きていたとはちょっと予想外でしたね。

でも、終始仲間のために友達のために自分のできることを精一杯頑張っている姿にはなんだか元気づけられました。

ストーリー展開は所々子供が見てこれ分かるのかな・・?というところがありましたが、子供も楽しんでいるようなのでなにより。

そして大人の自分が見ても普通に楽しめてウルッと泣ける場面もあったりして、なかなか楽しめたと思います。

映画刀剣乱舞 広島バルト11

主大好き長谷部が、主のことで三日月に嫉妬するのはわかります。三日月は自分が悪者になっても、鶯丸にはバレたけれど、自分1人で事を解決しようと動いたのを見て、やっぱり刀剣乱舞の中では、最も美しくて強いリーダーであり主人公的立場にあるんだなあと思わされます。三日月が傷だらけの血まみれになってもう駄目だと思ったところで、仲間が駆け付けたシーンが最も印象的です。織田信長を演じた山本さんの演技が最も上手かったです。三日月に本能寺以外の場所であなたは死ぬということを騙されていたけれど、最後は覚悟を持って自刃したところが潔いと感じます。

翔んで埼玉 入間ユナイテッドシネマ

埼玉県をディスった漫画としてブームになり映画化した作品です。
埼玉県民にはそこらの草でも食わせておけなど中々埼玉県民への当たりが強い作品。
ただそれが冗談としてわかりきっているのでそれすら面白い。
埼玉県の色んな地名も出てくるため、埼玉県民からしてみたら、あっそこの地名でるんだとなったり、そこ住んでるとなって非常に面白いと思う。
ただ、埼玉県民以外で言えば地名を理解することは難しいのかもしれない。
それ抜きにして非常に面白い作品ではあるが、埼玉県民である方が全てを理解してみれるためオススメだと言える。
私は日頃あまり映画を見ることはないが、埼玉県民という事もあり見に行きました。
人気になる理由のわかる本当に面白い作品でした、皆様も見て頂けたらと思います。

グリーンブック TOHOシネマズ錦糸町

アカデミー賞で作品賞を受賞したので公開後すぐに見に行きましたが、さすが受賞しただけあってとてもいい作品でした。人種差別というテーマを軸に黒人のピアニストと白人の粗野な用心棒の友情も感動ものでしたし、重い内容の中にクスッと笑えるようなウィットにとんだ会話も多く最後まで飽きることなく見ることができました。内容とは別に黒人のピアニストが弾くピアノもとてもすばらしく、アメリカ南部の風景と共に流れす音楽も心地いいものが多かったように思います。それと映画館に来ていた人たちの年齢層が高かったように感じました。このような映画こそ若者が見た方がいいのに。

ボヘミアンラプソディー、ミハマ7プレックス

学生時代にクィーンはよくきいていました。フレディの最後の恋人が書いた本「フレディマーキュリーとわたし」も発売と当時に購入して何度も読みました。当時は今のようにYouTube等ありませんので、レコード、CDで音楽を楽しむのみで動画を見る機会はほとんどありませんでした。それでも、フレディの生き方、歌声はとても興味深く魅力深いものでした。今回この映画を見て、彼の本当の人生の歩みとは多少の違いがありましたが、音楽に関しては間違いなく本物で彼らの軌跡に心を奪われました。私は閉所恐怖症で普段映画館にはいかないのですが、この映画は最初から最後まで没頭してしまいどっぷりのクィーンの魅力に浸れました。

2019年翔んで埼玉はかなりおすすめ映画です

特に東京周辺に住んでいる人にとってはツボること間違いない映画です。

ご当地あるあるネタを全力でバカしてくれるのも珍しい。日本の映画は微妙といわれますがこういった展開でいいんだよっていう新しいアプローチではないかと。

翔んで埼玉 TOHOシネマズ海老名

予告編を見ていた時から面白そうなので見たいと思っていました。個人的にGACKTさんはあまり好きではないのですがちょっとイメージが変わって好きになりました。GACKTさんと京本政樹さんが本当に親子と言ってもいいくらい雰囲気が似ていて印象に残りました。後から漫画を見ましたが二階堂ふみさんも原作の人物によく似ているなと思いました。川を挟んでの千葉と埼玉の戦いはとても面白かったです。そして死んだと思っていた京本政樹さんが生きていて登場するシーンとか笑わせるだけではなくハラハラドキドキあり、ちょっと涙の場面もありと久しぶりにただただ楽しめる映画だったと思います。

キャプテンマーベル 日本橋のtoho

元々マーベル好きのため、4月公開のアベンジャーズエンドゲームに繋がる物語ということで、つなぎ的な感じに見にいきましたが非常に面白かったです。内容的には若干ありがちな内容ではありましたが、キャプテンマーベルがなぜ異国の国にいたのか、アベンジャーズの司令官との関係などがわかり、過去作品の伏線を見事に回収している場面があり、興奮しました。また、圧倒的なCGと戦闘シーン。映像を見て爽快感を求める方にはオススメの映画になります。また、監督も女性で、以前ブラックパンサーが黒人主体で評価されているのもあり、こういった原作コミックの映画かつ、女性メインの映画が世界から評価されたら面白いなと思っています。

運び屋(イオンシネマ)

この映画はイーストウッド自身の事を描いているようで、ファンとしてはとても面白かった。90歳になっても女性にだらしない主人公はまるでイーストウッド自身のようで、父親に愛想をつかした娘もイーストウッドの実の娘が演じることでリアリティをましている。この映画では携帯電話はすれ違いの象徴になっているようだ。電話を通じて会話するシーンでは登場人物たちが必ずすれ違い喧嘩したりする。これはイーストウッドの映画においては見慣れたテーマで、目の前にいる人間を信じて揺るがないその姿勢を一貫してイーストウッドは描き続けている。

映画ドラえもん のび太の月面探査記/ユナイテッド・シネマ札幌

息子・夫・私の3人で観に行きました。息子はまだ3歳なので、最後まで飽きずに見られるか心配でしたが、拍手したり笑ったりしながら、終始、集中して観ていました。
終わった後、家族で感想を話し合った時、息子は「すごい楽しかった~。僕はムービットとルカが好き!」と大盛り上がりで言っていました。夫は、「大人が観ても、感動する話だったよね。何回もウルッと来ちゃったよ。」と話していました。
私自身の感想としては、ディアボロの正体にかなり意外性があり、面白かったです。ただ、異説と定説の話などは、子どもが理解するには、少し難し過ぎるのでは、と感じました。(息子は、特に気にしていない様子でしたし、理解できなくても十分楽しめる映画だとは思いますが。)
映画館でもらった、ムービットの着ぐるみを着たドラえもんのおもちゃが可愛かったです。

コードギアス復活のルルーシュ@イオンシネマ防府

コードギアス反逆のルルーシュが好きなので映画公開を楽しみにしておりました。率直な感想はアニメ版よりもストーリー展開が早いなと感じました。映画なので上映時間の兼ね合いもあると思いますが、コードギアスは駆け引き・心理戦・戦略・感情の動きが映像で見れることが一番の強みだと思っていたので、スラスラスラと物語が進んでしまっていてちょっとあっけなく感じました。もちろん、ロボットの対戦が好きな方には楽しめるかもしれませんが。映画タイトルの「復活のルルーシュ」なのでどんなかたちで復活するのか楽しみでしたが、ルルーシュが復活するまでの過程があまりにもあっさりしすぎなのもちょっと残念に思いました。とはいえ、コードギアスの世界観やCLAMP先生の美しい絵をスクリーンで見れたのでそこは満足しています!