2019年おすすめ映画ドラえもん のび太の月面探査記

この度のドラえもんの映画は当たりのようで評判も上々。大人から子供から楽しめるドラえもんは偉大ですね。

映画ドラえもん のび太の月面探査記

映画のドラえもんはだいたい毎年見に行きますが、今回もまたいい出来えでした。

序盤は結構ツッコミが追いつきませんでしたね。

「粘土で生命体作るの!?」とか「文明の発展がいくらなんでも早すぎじゃない!?」とか

今回のゲストで出てきたキャラのルカがまさか1000年以上も生きていたとはちょっと予想外でしたね。

でも、終始仲間のために友達のために自分のできることを精一杯頑張っている姿にはなんだか元気づけられました。

ストーリー展開は所々子供が見てこれ分かるのかな・・?というところがありましたが、子供も楽しんでいるようなのでなにより。

そして大人の自分が見ても普通に楽しめてウルッと泣ける場面もあったりして、なかなか楽しめたと思います。

映画刀剣乱舞 広島バルト11

主大好き長谷部が、主のことで三日月に嫉妬するのはわかります。三日月は自分が悪者になっても、鶯丸にはバレたけれど、自分1人で事を解決しようと動いたのを見て、やっぱり刀剣乱舞の中では、最も美しくて強いリーダーであり主人公的立場にあるんだなあと思わされます。三日月が傷だらけの血まみれになってもう駄目だと思ったところで、仲間が駆け付けたシーンが最も印象的です。織田信長を演じた山本さんの演技が最も上手かったです。三日月に本能寺以外の場所であなたは死ぬということを騙されていたけれど、最後は覚悟を持って自刃したところが潔いと感じます。

翔んで埼玉 入間ユナイテッドシネマ

埼玉県をディスった漫画としてブームになり映画化した作品です。
埼玉県民にはそこらの草でも食わせておけなど中々埼玉県民への当たりが強い作品。
ただそれが冗談としてわかりきっているのでそれすら面白い。
埼玉県の色んな地名も出てくるため、埼玉県民からしてみたら、あっそこの地名でるんだとなったり、そこ住んでるとなって非常に面白いと思う。
ただ、埼玉県民以外で言えば地名を理解することは難しいのかもしれない。
それ抜きにして非常に面白い作品ではあるが、埼玉県民である方が全てを理解してみれるためオススメだと言える。
私は日頃あまり映画を見ることはないが、埼玉県民という事もあり見に行きました。
人気になる理由のわかる本当に面白い作品でした、皆様も見て頂けたらと思います。

グリーンブック TOHOシネマズ錦糸町

アカデミー賞で作品賞を受賞したので公開後すぐに見に行きましたが、さすが受賞しただけあってとてもいい作品でした。人種差別というテーマを軸に黒人のピアニストと白人の粗野な用心棒の友情も感動ものでしたし、重い内容の中にクスッと笑えるようなウィットにとんだ会話も多く最後まで飽きることなく見ることができました。内容とは別に黒人のピアニストが弾くピアノもとてもすばらしく、アメリカ南部の風景と共に流れす音楽も心地いいものが多かったように思います。それと映画館に来ていた人たちの年齢層が高かったように感じました。このような映画こそ若者が見た方がいいのに。

ボヘミアンラプソディー、ミハマ7プレックス

学生時代にクィーンはよくきいていました。フレディの最後の恋人が書いた本「フレディマーキュリーとわたし」も発売と当時に購入して何度も読みました。当時は今のようにYouTube等ありませんので、レコード、CDで音楽を楽しむのみで動画を見る機会はほとんどありませんでした。それでも、フレディの生き方、歌声はとても興味深く魅力深いものでした。今回この映画を見て、彼の本当の人生の歩みとは多少の違いがありましたが、音楽に関しては間違いなく本物で彼らの軌跡に心を奪われました。私は閉所恐怖症で普段映画館にはいかないのですが、この映画は最初から最後まで没頭してしまいどっぷりのクィーンの魅力に浸れました。